右肩痛の富士大・多和田 西武がドラ1指名公表した裏事情

公開日: 更新日:

「各球団のエースナンバーを背負ってもおかしくない投手。潜在能力は今年のドラフト候補の中で一番です」

 西武の鈴木球団本部長がドラフト会議前日の21日、こう言って1位指名を公表した。

 富士大の多和田真三郎投手(4年=中部商)。150キロ超のストレートに加え、カーブ、フォーク、シンカーなど変化球も多彩な右腕だ。

 右肩痛のため、今春のリーグ戦以降、実戦登板なし。6月の大学選手権も、秋の北東北リーグも投げていない。それでいてプロ志望届を提出している。そこに西武の計算や思惑が働いていたかはともかく、実際に投げていないのだから、他球団が右肩の状態を正確に把握しづらかったのは間違いない。

「西武がケガを利用したんじゃないかともっぱらです。一昨年は山川、昨年は外崎と富士大から続けて選手を取っていて太いパイプもある。ガチガチの出来レースで、西武は1位で高校生を指名して、多和田は2位で取るというウワサまであったほどです」(在京球団のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る