即戦力ドラ1候補 明大上原の強みは直球より「3つの変化球」

公開日: 更新日:

 190センチ、86キロの大型左腕。

 そう聞けば、誰しも思い描くのは、ダイナミックな投球フォームから、いったい何キロの剛速球を繰り出してくるのか……。そっちのほうに想像をたくましくするのだろうが、明治大・上原健太のピッチングスタイルはちょっと違う。

 ダイナミック、そこはいい。

 全身を打者に向かっておおいかぶせてくるような威圧感十分のフォーム。

 スピード、それは140キロ前半。ビックリするほどの数字はまだ出していないが、その〈破壊力〉、それは当キャッチャーミットが何度も確認済み。去年の春と、つい2週間ほど前、2度の全力投球の捕球。3球目ぐらいから、ミットの中の手のひらの感覚がもうなくなっている。

 驚いた……というより感心したのは、上原健太の変化球のコントロールだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  10. 10

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

もっと見る