即戦力ドラ1候補 明大上原の強みは直球より「3つの変化球」

公開日: 更新日:

 190センチ、86キロの大型左腕。

 そう聞けば、誰しも思い描くのは、ダイナミックな投球フォームから、いったい何キロの剛速球を繰り出してくるのか……。そっちのほうに想像をたくましくするのだろうが、明治大・上原健太のピッチングスタイルはちょっと違う。

 ダイナミック、そこはいい。

 全身を打者に向かっておおいかぶせてくるような威圧感十分のフォーム。

 スピード、それは140キロ前半。ビックリするほどの数字はまだ出していないが、その〈破壊力〉、それは当キャッチャーミットが何度も確認済み。去年の春と、つい2週間ほど前、2度の全力投球の捕球。3球目ぐらいから、ミットの中の手のひらの感覚がもうなくなっている。

 驚いた……というより感心したのは、上原健太の変化球のコントロールだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る