即戦力ドラ1候補 明大上原の強みは直球より「3つの変化球」

公開日:  更新日:

 190センチ、86キロの大型左腕。

 そう聞けば、誰しも思い描くのは、ダイナミックな投球フォームから、いったい何キロの剛速球を繰り出してくるのか……。そっちのほうに想像をたくましくするのだろうが、明治大・上原健太のピッチングスタイルはちょっと違う。

 ダイナミック、そこはいい。

 全身を打者に向かっておおいかぶせてくるような威圧感十分のフォーム。

 スピード、それは140キロ前半。ビックリするほどの数字はまだ出していないが、その〈破壊力〉、それは当キャッチャーミットが何度も確認済み。去年の春と、つい2週間ほど前、2度の全力投球の捕球。3球目ぐらいから、ミットの中の手のひらの感覚がもうなくなっている。

 驚いた……というより感心したのは、上原健太の変化球のコントロールだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る