• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仙台育英・世那は「剛速球投手」 “流しのブルペン捕手”が絶賛

 キャッチャーミット片手に全国を渡り歩いて、アマの有望投手のボールを自ら捕るという、唯一無二の取材を続ける安倍昌彦氏。22日に行われるドラフト会議を前に、注目投手との「格闘記」を語った。

 22日に行われるドラフトの「高校生模様」ははっきりとしていて、この夏の甲子園のスターたちが、指名上位を占めるのは間違いない。

 お願いしたいと考えていた高橋純平(県岐阜商)、小笠原慎之介(東海大相模)のピッチング捕球が夏以降の体調不十分のためにかなわなかったことが残念でならないが、去る15日に実際に球を受けて驚いたのが、今夏の甲子園準優勝投手・佐藤世那(仙台育英)だ。

 ヒジの故障が心配された甲子園では、予選とは打って変わってフル回転で準優勝に貢献した。その後行われた国際大会「U―18」でも投げまくり、投手陣の主戦格としてチームを支えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る