仙台育英・世那は「剛速球投手」 “流しのブルペン捕手”が絶賛

公開日: 更新日:

 キャッチャーミット片手に全国を渡り歩いて、アマの有望投手のボールを自ら捕るという、唯一無二の取材を続ける安倍昌彦氏。22日に行われるドラフト会議を前に、注目投手との「格闘記」を語った。

 22日に行われるドラフトの「高校生模様」ははっきりとしていて、この夏の甲子園のスターたちが、指名上位を占めるのは間違いない。

 お願いしたいと考えていた高橋純平(県岐阜商)、小笠原慎之介(東海大相模)のピッチング捕球が夏以降の体調不十分のためにかなわなかったことが残念でならないが、去る15日に実際に球を受けて驚いたのが、今夏の甲子園準優勝投手・佐藤世那(仙台育英)だ。

 ヒジの故障が心配された甲子園では、予選とは打って変わってフル回転で準優勝に貢献した。その後行われた国際大会「U―18」でも投げまくり、投手陣の主戦格としてチームを支えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る