来季は日米でスケジュール“白紙” 心配膨らむ有村智恵の今後

公開日:  更新日:

【マスターズGCレディース】

 有村智恵(27)が半年ぶりに国内大会に登場した。初日は2バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの77と崩れて、5オーバー93位タイと大きく出遅れた。

「勢いがあった時のオーラが全くなく、“強カワ”と呼ばれて試合会場でギャラリーにニコニコと愛嬌を振りまいていた時とは別人です。体もひと回り小さくなったみたい」(ツアーカメラマン)

 有村は日本女子プロを含むツアー13勝を挙げているが、日本での複数年シードは今年で終わる。今季は3試合に出場して獲得賞金は313万円(ランク93位)しかなく、いまのところ出場できるのは今大会を入れて残り3試合。シード獲得には最低でもあと1400万円は必要で、厳しい状況に追い込まれている。

 では米ツアーはどうかといえば、レギュラーツアーは8試合に出場して賞金ランク132位と80位までのシード圏内に届かなかった。いっぽう米下部ツアーは13試合に出場して予選落ちがなくトップ10入り8回と健闘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る