高橋由に「原野球の継承」を押しつける巨人に権藤博氏が苦言

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 巨人が来季の監督として高橋由伸(40)に白羽の矢を立てた。

 理由はいろいろとあるのだろうが、球団幹部が盛んに強調しているのは「原野球を継承してくれること」である。

 確かに、退任の決まった原監督(57)が残した功績は、これはもう素晴らしいの一言に尽きる。

 計12年の監督生活でリーグ優勝7度、日本一が3度。Bクラスが1度だけという成績は、過去の大監督と比べても決して見劣りせず、「名将」と呼ぶにふさわしい。

 巨人は常に豊富な戦力を誇る球団。勝って当たり前、という声があったのは否定しないが、原監督にはその分、他球団の監督にはないプレッシャーがかかった。それをはねのけて結果を出すのは想像以上に大変なこと。そういう巨人で勝ち続けたことはむしろ、原監督の能力の高さを裏付けるものだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る