高橋由に「原野球の継承」を押しつける巨人に権藤博氏が苦言

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 巨人が来季の監督として高橋由伸(40)に白羽の矢を立てた。

 理由はいろいろとあるのだろうが、球団幹部が盛んに強調しているのは「原野球を継承してくれること」である。

 確かに、退任の決まった原監督(57)が残した功績は、これはもう素晴らしいの一言に尽きる。

 計12年の監督生活でリーグ優勝7度、日本一が3度。Bクラスが1度だけという成績は、過去の大監督と比べても決して見劣りせず、「名将」と呼ぶにふさわしい。

 巨人は常に豊富な戦力を誇る球団。勝って当たり前、という声があったのは否定しないが、原監督にはその分、他球団の監督にはないプレッシャーがかかった。それをはねのけて結果を出すのは想像以上に大変なこと。そういう巨人で勝ち続けたことはむしろ、原監督の能力の高さを裏付けるものだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る