「谷繁の兼任が中途半端に」 権藤博氏が今季低迷の中日を斬る

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】


 彼が選手兼任監督に就任した2年前から、私は本人と顔を合わすたびにこう言っていた。

「中日が勝つも負けるも『捕手谷繁』次第だよ。お前が100試合以上スタメンマスクをかぶればAクラス、それができなければBクラス。中日投手陣にはまだ上位を狙える力がある。ただし、それを生かすのは、『監督谷繁』ではなく、『捕手谷繁』だぞ」

 中日の谷繁選手兼任監督(44)に、余計なお世話を承知でしつこく言ったのには理由がある。監督と捕手はどちらも大きな責任を背負うポジション。その両方をこなそうと背伸びをしたら間違いなく、どっちか、あるいは両方にひずみが出る、と思ったのだ。

 相手チームから見たとき、不気味で怖いのはどっちか。これは絶対的に新人監督の谷繁より、現役ナンバーワンの実績と経験を持つ捕手の谷繁の方だ。だったら、4年契約を半分に分け、最初の2年間は捕手に軸足を置いて若い投手陣をリードしながら育て、3年目からその投手力を武器にして本格的に監督業に乗り出すのがいい。兼任監督として結果を出すには、これが最も確実な方法だと思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る