• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベンチはどう操る? 燕バレの“メンタル”が日本Sのカギ握る

「福岡ダイスキ!」

 20日、ヤクルトのバレンティンが全体練習後にハイテンションでこう言った。

 24日からの日本シリーズでバレは、2番からの川端、山田、畠山の後ろ、5番での起用が有力視される。

 圧倒的な戦力を誇るソフトバンクに対抗すべく、一枚でも分厚い打線を形成するためには、60本のシーズン最多本塁打記録保持者である大砲助っ人の活躍がポイントになる。

 バレは左太ももの手術を経て、9月7日に再来日。同18日の巨人戦から復帰するも、公式戦では打率1割台にとどまった。巨人とのCSファイナルの初戦は無安打でチームは敗れた。試合後、打てないイライラもあってか、神宮で観戦していた家族をクラブハウスに置いて帰宅するというハプニングまで起こった。

「来日間もない実戦復帰だったこともあり、公式戦は、例年のオープン戦時のような状態だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る