ベンチはどう操る? 燕バレの“メンタル”が日本Sのカギ握る

公開日: 更新日:

「福岡ダイスキ!」

 20日、ヤクルトのバレンティンが全体練習後にハイテンションでこう言った。

 24日からの日本シリーズでバレは、2番からの川端、山田、畠山の後ろ、5番での起用が有力視される。

 圧倒的な戦力を誇るソフトバンクに対抗すべく、一枚でも分厚い打線を形成するためには、60本のシーズン最多本塁打記録保持者である大砲助っ人の活躍がポイントになる。

 バレは左太ももの手術を経て、9月7日に再来日。同18日の巨人戦から復帰するも、公式戦では打率1割台にとどまった。巨人とのCSファイナルの初戦は無安打でチームは敗れた。試合後、打てないイライラもあってか、神宮で観戦していた家族をクラブハウスに置いて帰宅するというハプニングまで起こった。

「来日間もない実戦復帰だったこともあり、公式戦は、例年のオープン戦時のような状態だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る