ベンチはどう操る? 燕バレの“メンタル”が日本Sのカギ握る

公開日: 更新日:

「福岡ダイスキ!」

 20日、ヤクルトのバレンティンが全体練習後にハイテンションでこう言った。

 24日からの日本シリーズでバレは、2番からの川端、山田、畠山の後ろ、5番での起用が有力視される。

 圧倒的な戦力を誇るソフトバンクに対抗すべく、一枚でも分厚い打線を形成するためには、60本のシーズン最多本塁打記録保持者である大砲助っ人の活躍がポイントになる。

 バレは左太ももの手術を経て、9月7日に再来日。同18日の巨人戦から復帰するも、公式戦では打率1割台にとどまった。巨人とのCSファイナルの初戦は無安打でチームは敗れた。試合後、打てないイライラもあってか、神宮で観戦していた家族をクラブハウスに置いて帰宅するというハプニングまで起こった。

「来日間もない実戦復帰だったこともあり、公式戦は、例年のオープン戦時のような状態だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    <35>納得いく表現のために猫を…漫画家・平田弘史の狂気

もっと見る