ベンチはどう操る? 燕バレの“メンタル”が日本Sのカギ握る

公開日:  更新日:

「福岡ダイスキ!」

 20日、ヤクルトのバレンティンが全体練習後にハイテンションでこう言った。

 24日からの日本シリーズでバレは、2番からの川端、山田、畠山の後ろ、5番での起用が有力視される。

 圧倒的な戦力を誇るソフトバンクに対抗すべく、一枚でも分厚い打線を形成するためには、60本のシーズン最多本塁打記録保持者である大砲助っ人の活躍がポイントになる。

 バレは左太ももの手術を経て、9月7日に再来日。同18日の巨人戦から復帰するも、公式戦では打率1割台にとどまった。巨人とのCSファイナルの初戦は無安打でチームは敗れた。試合後、打てないイライラもあってか、神宮で観戦していた家族をクラブハウスに置いて帰宅するというハプニングまで起こった。

「来日間もない実戦復帰だったこともあり、公式戦は、例年のオープン戦時のような状態だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る