真中・工藤の“舌戦”もなく 静かすぎる日本シリーズ「前哨戦」

公開日: 更新日:

 すっかり球界も秋めいてきた。

 巨人原監督の退任による次期監督問題、阪神の金本監督就任といった、人事の話が持ちきりになっているプロ野球。21日にはDeNAのラミレス新監督の就任会見が行われる。まるでストーブリーグさながらの様相に、日本シリーズ(24日開幕)がまだ始まってもいないことを忘れているファンが多いのではないか。

 出場チームのファンのみならず、本来なら野球ファンの多くが熱狂する球界最大の祭典。それが今はほとんど話題にもならない。

 確かに巨人、阪神という人気球団の監督交代の前には、対戦前の「日本シリーズ」がスポーツ紙の片隅に追いやられるのも無理はないかもしれない。しかし、原因はそれだけなのか。

 例えば、野村克也氏はヤクルト監督時代の95年、オリックスとの日本シリーズに向けて、「徹底的にイチロー(現マーリンズ)の内角を攻める」とマスコミに明言し、情報戦を仕掛けた。プロ野球は興行でもあり、ファンの耳目を集めることも必要だ。現役時代は人気のないパ・リーグ育ちの野村監督は、勝負に勝つことと同時に常にファンの目を意識したコメントを考えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  3. 3

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る