真中・工藤の“舌戦”もなく 静かすぎる日本シリーズ「前哨戦」

公開日:  更新日:

 すっかり球界も秋めいてきた。

 巨人原監督の退任による次期監督問題、阪神の金本監督就任といった、人事の話が持ちきりになっているプロ野球。21日にはDeNAのラミレス新監督の就任会見が行われる。まるでストーブリーグさながらの様相に、日本シリーズ(24日開幕)がまだ始まってもいないことを忘れているファンが多いのではないか。

 出場チームのファンのみならず、本来なら野球ファンの多くが熱狂する球界最大の祭典。それが今はほとんど話題にもならない。

 確かに巨人、阪神という人気球団の監督交代の前には、対戦前の「日本シリーズ」がスポーツ紙の片隅に追いやられるのも無理はないかもしれない。しかし、原因はそれだけなのか。

 例えば、野村克也氏はヤクルト監督時代の95年、オリックスとの日本シリーズに向けて、「徹底的にイチロー(現マーリンズ)の内角を攻める」とマスコミに明言し、情報戦を仕掛けた。プロ野球は興行でもあり、ファンの耳目を集めることも必要だ。現役時代は人気のないパ・リーグ育ちの野村監督は、勝負に勝つことと同時に常にファンの目を意識したコメントを考えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る