ソフトBには“焼け石に水” 燕頼み「神宮マウンド」で館山炎上

公開日:  更新日:

 ホーム特有の「嫌がらせ」も、大きすぎる戦力差の前では無意味か。

 日本シリーズ第4戦は6―4でソフトバンクに軍配。工藤監督は「昨日、3本塁打を打たれた山田選手を、よく抑えてくれた」と、天敵を3打数無安打に仕留めた先発の摂津を褒め称えた。

 一方、ヤクルトは1勝3敗で、いよいよ後がなくなった。シリーズ開幕前、選手層で劣るヤクルトが一縷の望みを託していたのが、今季から改修された神宮球場のマウンドだ。ガチガチに固められた粘土質の土は足で掘れないほど硬く、セ球団の投手陣の多くが苦しめられてきた。

 さらに一塁ホーム側のブルペンは同じつくりになっているが、ビジター球団が使用する三塁側のブルペンは硬さ、傾斜ともに本物とは微妙に異なっている。

「今季、ヤクルトのナイター戦前に、六大学野球が行われた時の話です。先攻で三塁側の監督が、わざわざ投手を一塁側のブルペンに行かせて投球練習をさせた。理由を聞いたら、『プロがビジター球団のブルペンを、マウンドと同じつくりにするわけがないからな』とのことでした」(アマチュア担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る