ソフトBには“焼け石に水” 燕頼み「神宮マウンド」で館山炎上

公開日:  更新日:

 ホーム特有の「嫌がらせ」も、大きすぎる戦力差の前では無意味か。

 日本シリーズ第4戦は6―4でソフトバンクに軍配。工藤監督は「昨日、3本塁打を打たれた山田選手を、よく抑えてくれた」と、天敵を3打数無安打に仕留めた先発の摂津を褒め称えた。

 一方、ヤクルトは1勝3敗で、いよいよ後がなくなった。シリーズ開幕前、選手層で劣るヤクルトが一縷の望みを託していたのが、今季から改修された神宮球場のマウンドだ。ガチガチに固められた粘土質の土は足で掘れないほど硬く、セ球団の投手陣の多くが苦しめられてきた。

 さらに一塁ホーム側のブルペンは同じつくりになっているが、ビジター球団が使用する三塁側のブルペンは硬さ、傾斜ともに本物とは微妙に異なっている。

「今季、ヤクルトのナイター戦前に、六大学野球が行われた時の話です。先攻で三塁側の監督が、わざわざ投手を一塁側のブルペンに行かせて投球練習をさせた。理由を聞いたら、『プロがビジター球団のブルペンを、マウンドと同じつくりにするわけがないからな』とのことでした」(アマチュア担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る