ロイヤルズ地区S“逆王手”に貢献 主砲ホズマーのモテっぷり

公開日:  更新日:

 メジャーを代表するモテ男が崖っぷちのチームを救った。

 ア・リーグ地区シリーズ(5回戦制)は12日(日本時間13日)、王手をかけられていた昨季の覇者ロイヤルズがアストロズを下し、対戦成績を2勝2敗の五分とした。

 負ければリーグ連覇が断たれる後がない状況で頼りになるのは主砲エリック・ホズマー一塁手(25)のバットだった。

 4点を追う八回、無死満塁から右前へ適時打を放つなど、チームはこの回、5者連続安打に相手の失策もあり5点を奪って勝ち越しに成功。九回にはダメ押しの2ランを放って主砲の存在感を見せつけた。

 リーグ優勝決定戦進出に望みをつなげたホズマーは「絶対にあきらめないという姿勢で臨んだ。きょうのような戦いこそが王者の証しだ」と興奮気味に話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る