ロ軍監督“苦汁の決断” 先発ボルケス登板前に訃報知らせず

公開日:  更新日:

 メジャーリーガーにとって「家族」はなによりも重要だ。

 プロ野球の助っ人が夫人の出産で一時帰国なんて記事をよく見かけるが、米国人にとってはそれが当たり前。女房に子供が生まれそうなときに、仕事をやってるようなのはバカヤローだと思われる。

 メッツのバレンタイン元監督はかつて、子供の高校の卒業式に出席するために試合を欠場。インディアンスのマニエル元監督も同様の理由で、同じ日の試合を休んだ。ヤンキースの抑えエースだったリベラは、女房のいとこと、その子供が事故死すると、プレーオフの最中にもかかわらず、母国のパナマへ戻ったことがある。

 それだけ家族を大切にするメジャーで“事件”が起きたのは27日(日本時間28日)のこと。ワールドシリーズ初戦に先発したロイヤルズの先発右腕ボルケス(32)の父親ダニエルさんが、試合開始前に故郷のドミニカ共和国で心臓病のため死去。ボルケスは家族の意向で父親の訃報を知らされないまま登板、6回3失点と好投して白星の立役者になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る