ロ軍監督“苦汁の決断” 先発ボルケス登板前に訃報知らせず

公開日:  更新日:

 メジャーリーガーにとって「家族」はなによりも重要だ。

 プロ野球の助っ人が夫人の出産で一時帰国なんて記事をよく見かけるが、米国人にとってはそれが当たり前。女房に子供が生まれそうなときに、仕事をやってるようなのはバカヤローだと思われる。

 メッツのバレンタイン元監督はかつて、子供の高校の卒業式に出席するために試合を欠場。インディアンスのマニエル元監督も同様の理由で、同じ日の試合を休んだ。ヤンキースの抑えエースだったリベラは、女房のいとこと、その子供が事故死すると、プレーオフの最中にもかかわらず、母国のパナマへ戻ったことがある。

 それだけ家族を大切にするメジャーで“事件”が起きたのは27日(日本時間28日)のこと。ワールドシリーズ初戦に先発したロイヤルズの先発右腕ボルケス(32)の父親ダニエルさんが、試合開始前に故郷のドミニカ共和国で心臓病のため死去。ボルケスは家族の意向で父親の訃報を知らされないまま登板、6回3失点と好投して白星の立役者になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る