メジャー未経験の若手を異例抜擢したロイヤルズGMの計算

公開日:  更新日:

 ワールドシリーズ第2戦(カンザスシティ)は28日(日本時間29日)に行われ、前日に延長14回の死闘を制したロイヤルズが7-1でメッツを下して2連勝とした。

 ロイヤルズは1点を追う五回、相手の先発右腕デグロムを攻略し、四球を足がかりに4得点を奪って逆転。八回には3本の長打などで3点を追加した。先発のクエトは2安打1失点で完投。今ポストシーズン2勝目を挙げた。第3戦はメッツの本拠地ニューヨークに移して30日(同31日)に行われる。

 そのロイヤルズが異例の抜擢で話題を集めている。

 ワールドシリーズのロースター(25人)に、メジャー経験のない20歳のラウル・アルベルト・モンデシー内野手を登録した。父親は現役時代にドジャースで野茂英雄、ヤンキースでは松井秀喜と同僚で、通算271本塁打のラウル・ラモン・モンデシー(44)。このラモンの長男は今季、傘下の2Aノースウェスト・アーカンカサスで、81試合に出場し304打数74安打の打率2割4分3厘、6本塁打、33打点。主に2番を打ち、19盗塁をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る