WS第1戦先発のメッツ右腕ハービーは稀代のモデルキラー

公開日:  更新日:

 ワールドシリーズは初戦から両軍譲らず延長戦に突入、5時間超え延長14回までもつれ、ロイヤルズがサヨナラで先勝した。

 両軍の先発投手が試合を作り、締まった好ゲームだったが、好投したメッツのハービーは13年のトミー・ジョン手術から復帰した今季、29試合で13勝8敗、防御率2.71。デグロム、コロン(ともに14勝)の両右腕とともに投手陣を牽引。今ポストシーズンでも2試合で2勝を挙げてワールドシリーズ進出に貢献した。

 10年のドラフト1巡目指名でメッツ入り。開幕から先発ローテーション入りした13年にはオールスターで先発を務めるなど、早くからメジャーを代表する投手になると期待された右腕だ。

 将来のエース候補は私生活も派手なことで知られる。高級ブランド服に身を包み、ニューヨークの街をイタリアの高級車マセラティ(約1500万円)で乗り回すことから「夜の貴公子」の異名を持つ。早くから若手有望株として注目されてきただけに、女性にはモテモテ。これまでも多くの浮名を流しており、相手はファッションモデルなど、いずれもセレブばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る