• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア羽生結弦 平昌五輪後に「プロ転向」宣言の“思惑”

 男子フィギュアの羽生結弦(20)が7日、練習拠点のカナダ・トロントでの公開練習後に突然、18年平昌五輪を最後にプロ転向すると表明した。

 本人は「小さい頃から決めていた」と話したものの、まだ20歳。平昌五輪は23歳で迎えるから、余程のケガでもない限り、その次の北京五輪(22年)も27歳という円熟期で狙える。にもかかわらず、「平昌で競技生活終了」を宣言した裏には、羽生なりの思惑が見え隠れする。

 プロになれば当然、現役選手のようなハードなトレーニングをする必要がなくなるばかりか、自由にアイスショー、イベントなどに出演することができる。すでに金メダルを取って実績は十分。それなら早いうちに引退して、プロスケーターとして稼いだ方が本人にとって得策なのは言うまでもない。

「男子フィギュアは今でこそ羽生の1強ですが、次世代は3月の世界ジュニア選手権で優勝した宇野昌磨(17)や同3位の山本草太(15)ら逸材が揃っている。彼らが今後数年で順調に成長すれば、フィギュアの適齢期から外れる羽生が押し出される可能性もある。現役にこだわることが、マイナスになるかもしれないのです」とはフィギュア関係者。

 羽生は「ベストな状態の時にプロスケーターでありたい」とも言った。しっかりとソロバンをはじいたうえでの「現役引退宣言」なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る