• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いよいよ迫る真央復帰 初戦演技にスポンサー熱視線のワケ

 こちらの連中も演技から目が離せないはずだ。

 3日に開幕するフィギュアスケートのジャパン・オープン(さいたまスーパーアリーナ)で、1年6カ月ぶりに復帰する浅田真央(25)。公式戦の出場は14年3月の世界選手権以来となる。今大会は真央以外にも、14-15世界選手権金のトゥクタミシェワ(18・ロシア)に、ソチ五輪金のソトニコワ(19・ロシア)。男子も同五輪銀のパトリック・チャン(24・カナダ)や14-15世界選手権金のハビエル・フェルナンデス(24・スペイン)が参戦する。ファンは楽しみにしているだろうが、それ以上に真央の「真剣勝負」に注目しているのが契約スポンサーだ。

 ある企業の広報担当が言う。

「ある航空会社は、ジャパンオープンの開幕に合わせるかのように、2日から真央を使った新CMを放送します。真央のスポンサーになると契約金は1社5000万円ともいわれており、現在は10社ぐらいある。真央の人気を当て込んで投資した企業からすれば、何とか人気を保ちつつ、18年の平昌五輪を目指して欲しい。1年半ぶりの公式戦とはいえ、今大会のステップやジャンプ、表現力などを見れば、この先どれだけやれるか、世界の舞台で上位争いはやっぱり無理かなど、ある程度わかりますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る