今季2勝目の渡邉彩香 師匠・石井明義プロが急成長を分析

公開日:  更新日:

【樋口久子 Pontaレディス】

 試合前に、「プロなので(アマには)負けられない。負けてはいけないと思う」と語っていた渡邉彩香(22)。

 最終日はベストスコア66で回り、ただひとり2桁アンダーパーとなる通算11アンダーまでスコアを伸ばして今季2勝目(通算3勝目)を挙げ、プロのメンツを保った。

 負けられない相手がツアー初出場で初日から首位をキープする高校2年生の畑岡奈紗(16)。ドライバー飛距離もプロ顔負けで、「まさか2回(16番、18番)も渡邉プロをオーバードライブできるとは思っていなくてビックリしました」(畑岡)と、女子ツアーで一、二を争う飛ばし屋で知られる渡邉のボールを越えてギャラリーをビックリさせた。

 しかし渡邉を指導する石井明義プロは、「飛距離ではなく、ドライバーを軽く打てるようになったのが成長の証し」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る