「高校時代だったら清宮をどう抑える?」楽天・松井に対決をシミュレーションしてもらった

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎くんが、1年生でただひとり選出されているU18(18歳以下)日本代表でも存在感を発揮しています。

 今夏の甲子園では、19打数9安打の打率.474、8打点。1年生としてはPL学園の桑田真澄さん以来、史上2人目の2本塁打を放ちました。

 その甲子園大会の期間中、ボクはある媒体から「清宮攻略法は?」と取材を受けました。

 体格のわりにコンパクトでシャープなスイングをする逸材、と前置きしたうえで、こう話をさせてもらいました。

「予選から見ていて内角を窮屈に打つ場面が見受けられ、力のあるストレートはあの腕の畳み方だとまださばききれない。内角を厳しく突き、早めに追い込んで勝負する。内角に意識を持たせ、最後は真ん中やや外めにフォークを投げる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る