「高校時代だったら清宮をどう抑える?」楽天・松井に対決をシミュレーションしてもらった

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎くんが、1年生でただひとり選出されているU18(18歳以下)日本代表でも存在感を発揮しています。

 今夏の甲子園では、19打数9安打の打率.474、8打点。1年生としてはPL学園の桑田真澄さん以来、史上2人目の2本塁打を放ちました。

 その甲子園大会の期間中、ボクはある媒体から「清宮攻略法は?」と取材を受けました。

 体格のわりにコンパクトでシャープなスイングをする逸材、と前置きしたうえで、こう話をさせてもらいました。

「予選から見ていて内角を窮屈に打つ場面が見受けられ、力のあるストレートはあの腕の畳み方だとまださばききれない。内角を厳しく突き、早めに追い込んで勝負する。内角に意識を持たせ、最後は真ん中やや外めにフォークを投げる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る