最高難易度でSP挑む浅田真央 求められるは「25歳の表現力」

公開日: 更新日:

 6日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ中国杯(北京)に出場する浅田真央(25)は、前日の公式練習で最終調整を行った。浅田にとってGPは2シーズンぶりとなるが、ショートプログラム(SP)で自己最高難度の構成で臨む。

 それが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)とフリップ-ループの連続3回転、3回転ルッツだ。

「今まで一から積み重ねてきた集大成がこのSPの構成。ようやく目指したレベルまできた」と語った。

 確かにトリプルアクセルは真央の代名詞であり、ジャンプは見せ場のひとつに違いないが、1年間の休養を経て競技の世界に戻ってきた25歳の女性には、それ相当の表現力が求められる。

 今大会のライバルは、今年のロシア選手権優勝、世界選手権3位のエレーナ・ラジオノワだ。真央に憧れる16歳の“子供”に「さすが」と言わせるには、得意のジャンプより、指先や表情で魅せる大人の演技だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る