日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ヘッドスピードがでているのに飛ばない人は進入角度に大きな問題あり

 今週月曜日、大ヒットブランド、ゼクシオの新製品記者発表があった。今回のモデルチェンジで9代目。初代から8代目までで出荷総本数は何と1632万本。ゼクシオは発売から15年以上経過しているが、昔も今も売り上げナンバーワンを維持している。

 さて、このゼクシオ。今回はアマチュアのヘッド軌道を改善させ、それでヘッドスピードを上げることを狙っている。ヘッドスピードが上がればボール初速が上がり、さらなるアップを狙えるというロジックである。

 この考え方は至極まっとうであるが、ヘッドスピードを上げて飛ばすには、2つの要素を満たすことが求められる。

 ひとつは打点位置。いくらヘッドスピードが上がっても、芯を外して打てばエネルギーロスが発生する。遠くに飛ばすには、芯でとらえることが必要不可欠だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事