• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

インパクト時のフェース向きは打点位置の影響も非常に大きい

 この30年でゴルフクラブは劇的に進化したが、その進化に大きく貢献しているのが、弾道計測器と高速度カメラだ。

 インパクトの瞬間は1万分の5秒の世界であるが、この2つの機器によってインパクトが数値化され、画像で確認できるようになり、クラブ開発しやすくなったのである。

 今どきの高速度カメラは1秒間に1000コマ撮影できるが、これでインパクトゾーンを分析すると、ヘッドの軌道、打点位置、ボールが打ち出される方向、曲がり方(スピン)が視覚化される。

 例えばボールの打ち出し方向。かつては、ボールはクラブを振った方向に飛び出すといわれていたが、これは間違いだった。高速度カメラで観察すると、ボールはインパクト時のフェース向きにほぼ打ち出されるのが確認できる。ヘッドの軌道に関係なく、インパクトでフェースが開けば右に飛び出し、フェースが閉じればボールは左に飛び出すのである。そしてスライスするのも、フックするのもフェース向きが強く影響するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る