マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

クラブがゴルファーのスイングを変える時代に突入

公開日:  更新日:

 デジカメやパソコン同様、ゴルフクラブもモデルチェンジのサイクルが非常に短い。1年、もしくは2年ごとに新製品が出るのが当たり前になっている。そして、モデルチェンジごとに、クラブメーカーは「さらなる飛距離アップ」を大々的にアピールしている。

 では、今どきのクラブはどんなふうに「飛び」を進化させているのか?

 ルールで高反発が規制されているので、多くのモデルはスピンを減らして飛距離アップを狙っている。そして、ミスヒット時の飛距離ロスを抑えようと努力しているが、ここにきて新たな提案をするメーカーが出てきた。

 15年間、日本国内でもっとも売れたゴルフクラブ、ゼクシオはモデルチェンジでゴルファーのスイングに影響を与えるドライバーを登場させてきたのである。

 9代目となるゼクシオのキャッチフレーズは、「クラブがあなたのヘッド軌道を変える」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る