連日逮捕者がゾロゾロ…野球賭博「一般社会に浸透」の可能性

公開日:  更新日:

 野球賭博の逮捕者が後を絶たない。

 静岡県警は29日までに賭博開帳図利などの疑いで山口組系の暴力団組員ら2人を逮捕した。8月31日~9月6日に行われたプロ野球公式戦や、CSファーストステージの巨人対阪神戦、日本ハム対ロッテ戦の勝ち負けを1口1万円で予想させていた疑い。この野球賭博で数百万円を集めていたという。賭博に参加していた会社員ら5人も逮捕された。

 27日にはダルビッシュ有(29=レンジャーズ)の実弟、ダルビッシュ翔(26)が賭博開帳図利の疑いで逮捕されたばかり。巨人・福田(32)に端を発した球界の野球賭博騒動も、21日には新たに同僚の笠原(24)と松本竜(22)の関与まで明らかになり、広がりをみせている。

 野球賭博は暴力団の資金源になるケースが圧倒的に多い。山口組が分裂騒動で揺れているいまだからこそ、連中のシノギが標的になっているのだろう。が、それにしてもこれだけ頻繁に逮捕者が出るのは、それこそ日本中、いたるところで野球賭博が行われている何よりの証拠。この際、警察には球界にはびこる黒い霧も徹底して調査してもらいたいものだ。

 ちなみに仲間内で行う野球賭博はもちろん、賭けゴルフ、賭けマージャンは立派な犯罪行為、刑事罰の対象だから、ご同輩はくれぐれもご用心――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る