“韓国50発男”とは交渉絶望 巨人が貧打解消託す次なる標的

公開日:  更新日:

 巨人が狙っていた大物に逃げられていた――。

 メジャー挑戦を表明したソフトバンクの李大浩以上の大砲といわれる同じ韓国代表のパク・ビョンホ(29=ネクセン)である。韓国球界関係者が明かす。

「韓国初の2年連続50発以上を放ったパク・ビョンホには日米の複数球団が興味を示し、調査に訪れていた。その中でも巨人が熱心で、このオフには移籍可能になるという情報をつかんでいた。ただ、本人の第1希望がポスティングによるメジャー移籍で、ダメなら日本でという位置付け。かつてイ・スンヨプが在籍した巨人は韓国でも知名度は高いが、メジャーは上限の24億円でも入札する球団があるとみられている。メジャー側との交渉が不調に終わった場合のみチャンスがあるかもしれないが、巨人には残念な表明でしょう」

 前出の関係者は「韓国で巨人が興味を示している選手が他にもいる」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る