チームはV逸なのに…巨人・沢村は“居場所”確保で一人バラ色

公開日:  更新日:

 8日に開幕する「プレミア12」の日本代表に選出されている巨人の守護神・沢村拓一(27)にとっては、バラ色のオフになりそうだ。

 巨人打線はリーグ最下位の貧打にあえぎ、主力は軒並み成績ダウン。チームはV逸し、監督も交代した。巨人にバラ色の選手なんていないはずだが、この男だけは違うようだ。

 抑えに転向した今季は7勝3敗36セーブ、防御率1.32。タイトルこそ41セーブのバーネット(ヤクルト)に譲ったものの、巨人の中では数少ない好成績を残した主力である。高橋新監督が投手の全権を任せる尾花投手コーチの構想では、来季も沢村が抑えだという。

 先発としての4年間は、11勝11敗、10勝10敗、5勝10敗、5勝3敗とまさにジリ貧状態だった。昨オフの契約更改で年俸は6000万円から4800万円にダウン。原前監督から中継ぎ転向を打診された。以前、一度は拒否したが、今回ばかりはのまざるを得ない状況だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る