チームはV逸なのに…巨人・沢村は“居場所”確保で一人バラ色

公開日:  更新日:

 8日に開幕する「プレミア12」の日本代表に選出されている巨人の守護神・沢村拓一(27)にとっては、バラ色のオフになりそうだ。

 巨人打線はリーグ最下位の貧打にあえぎ、主力は軒並み成績ダウン。チームはV逸し、監督も交代した。巨人にバラ色の選手なんていないはずだが、この男だけは違うようだ。

 抑えに転向した今季は7勝3敗36セーブ、防御率1.32。タイトルこそ41セーブのバーネット(ヤクルト)に譲ったものの、巨人の中では数少ない好成績を残した主力である。高橋新監督が投手の全権を任せる尾花投手コーチの構想では、来季も沢村が抑えだという。

 先発としての4年間は、11勝11敗、10勝10敗、5勝10敗、5勝3敗とまさにジリ貧状態だった。昨オフの契約更改で年俸は6000万円から4800万円にダウン。原前監督から中継ぎ転向を打診された。以前、一度は拒否したが、今回ばかりはのまざるを得ない状況だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る