FA選手相次ぎ残留表明 巨人・阿部に迫る「捕手復帰」Xデー

公開日:  更新日:

 巨人は1日、7日から行われる秋季キャンプのメンバー29人を発表した。今季固定できなかった捕手は、小林誠司(26)をはじめ、河野、鬼屋敷の24歳コンビが選ばれた。

 貧打線の強化と共に正捕手不在の問題もこのオフの重要課題。「補強ポイント」といわれていたが、FA権を持つ炭谷(西武)、嶋(楽天)、大野(日本ハム)がいずれも残留を表明。先日のドラフトも即戦力の上位候補ではなく、4位で大学生捕手を指名した。これからトレードの可能性はあるものの、レギュラー級の獲得は難しい。となると、来季も捕手はほぼ現有戦力が濃厚。今季同様、相川亮二(39)と小林の一騎打ちになりそうだ。さるチーム関係者がこう言う。

「FA組では昨オフに嶋、今オフは炭谷を筆頭に調査したけど結局残留。ドラフトでも上位で捕手を獲得しなかった。原前監督は今季、大黒柱の阿部を一塁に転向させてまで2年目の小林にチャンスを与えたが、二軍暮らしが続くなどモノにできず。相川が故障離脱しても、34歳の加藤と併用。つまり、小林ひとりには任せられないと前監督がレッテルを貼ったことになる。たとえ監督が交代しても、その評価を覆すのは簡単じゃない。現段階では実績がある相川が正捕手候補筆頭なのは間違いない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る