FA選手相次ぎ残留表明 巨人・阿部に迫る「捕手復帰」Xデー

公開日:  更新日:

 巨人は1日、7日から行われる秋季キャンプのメンバー29人を発表した。今季固定できなかった捕手は、小林誠司(26)をはじめ、河野、鬼屋敷の24歳コンビが選ばれた。

 貧打線の強化と共に正捕手不在の問題もこのオフの重要課題。「補強ポイント」といわれていたが、FA権を持つ炭谷(西武)、嶋(楽天)、大野(日本ハム)がいずれも残留を表明。先日のドラフトも即戦力の上位候補ではなく、4位で大学生捕手を指名した。これからトレードの可能性はあるものの、レギュラー級の獲得は難しい。となると、来季も捕手はほぼ現有戦力が濃厚。今季同様、相川亮二(39)と小林の一騎打ちになりそうだ。さるチーム関係者がこう言う。

「FA組では昨オフに嶋、今オフは炭谷を筆頭に調査したけど結局残留。ドラフトでも上位で捕手を獲得しなかった。原前監督は今季、大黒柱の阿部を一塁に転向させてまで2年目の小林にチャンスを与えたが、二軍暮らしが続くなどモノにできず。相川が故障離脱しても、34歳の加藤と併用。つまり、小林ひとりには任せられないと前監督がレッテルを貼ったことになる。たとえ監督が交代しても、その評価を覆すのは簡単じゃない。現段階では実績がある相川が正捕手候補筆頭なのは間違いない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る