経営者が逃げれば紙クズ同然 「ゴルフ会員権」制度は崩壊寸前

公開日: 更新日:

 このところ相次いでゴルフ場が潰れている。その昔、男子プロテスト会場にもなった下田CC(静岡)はコロコロと経営者が代わり、今年2月でコースは閉鎖。現在は電話もつながらない状態だ。ルーセントCC(新潟)はインターネット公売にかけられたが、入札者は現れず、コースは荒れ放題。またゴルフ場事業から撤退、閉鎖するコースもある。ひぐち時津CC(長崎)、滑石ゴルフ場(同)、月夜野CC(群馬)、ローズベイCC(同)はメガソーラー施設に姿を変えるという。

 下田CCのように突然、経営者に逃げられたら、高いカネを出して会員権を購入したメンバーはどうなるのか。会員権業者がこう言う。

「下田CCに関しては、すでにプレーも会員権の売買もできない状態です。当然、会員権の値はつかず、売ろうにも売却できません。仮に経営危機に陥り、民事再生法の下でプレーできるコースであっても、クレジットカードは使えず、現金払いのみとなり、裁判所がその現金を差し押さえます。まずは債権者の話し合いが行われ、分捕り合戦が始まります。管財人を立てて債権者に資産を配分することになりますが、乗用カートや電磁誘導の設備投資をしたなど、債権額の大きい債権者から配分していきます。当然、資産には限りがありますので、メンバーに会員権の払い戻しは困難で、もう紙クズ同然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る