経営者が逃げれば紙クズ同然 「ゴルフ会員権」制度は崩壊寸前

公開日:  更新日:

 このところ相次いでゴルフ場が潰れている。その昔、男子プロテスト会場にもなった下田CC(静岡)はコロコロと経営者が代わり、今年2月でコースは閉鎖。現在は電話もつながらない状態だ。ルーセントCC(新潟)はインターネット公売にかけられたが、入札者は現れず、コースは荒れ放題。またゴルフ場事業から撤退、閉鎖するコースもある。ひぐち時津CC(長崎)、滑石ゴルフ場(同)、月夜野CC(群馬)、ローズベイCC(同)はメガソーラー施設に姿を変えるという。

 下田CCのように突然、経営者に逃げられたら、高いカネを出して会員権を購入したメンバーはどうなるのか。会員権業者がこう言う。

「下田CCに関しては、すでにプレーも会員権の売買もできない状態です。当然、会員権の値はつかず、売ろうにも売却できません。仮に経営危機に陥り、民事再生法の下でプレーできるコースであっても、クレジットカードは使えず、現金払いのみとなり、裁判所がその現金を差し押さえます。まずは債権者の話し合いが行われ、分捕り合戦が始まります。管財人を立てて債権者に資産を配分することになりますが、乗用カートや電磁誘導の設備投資をしたなど、債権額の大きい債権者から配分していきます。当然、資産には限りがありますので、メンバーに会員権の払い戻しは困難で、もう紙クズ同然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る