経営者が逃げれば紙クズ同然 「ゴルフ会員権」制度は崩壊寸前

公開日:  更新日:

 このところ相次いでゴルフ場が潰れている。その昔、男子プロテスト会場にもなった下田CC(静岡)はコロコロと経営者が代わり、今年2月でコースは閉鎖。現在は電話もつながらない状態だ。ルーセントCC(新潟)はインターネット公売にかけられたが、入札者は現れず、コースは荒れ放題。またゴルフ場事業から撤退、閉鎖するコースもある。ひぐち時津CC(長崎)、滑石ゴルフ場(同)、月夜野CC(群馬)、ローズベイCC(同)はメガソーラー施設に姿を変えるという。

 下田CCのように突然、経営者に逃げられたら、高いカネを出して会員権を購入したメンバーはどうなるのか。会員権業者がこう言う。

「下田CCに関しては、すでにプレーも会員権の売買もできない状態です。当然、会員権の値はつかず、売ろうにも売却できません。仮に経営危機に陥り、民事再生法の下でプレーできるコースであっても、クレジットカードは使えず、現金払いのみとなり、裁判所がその現金を差し押さえます。まずは債権者の話し合いが行われ、分捕り合戦が始まります。管財人を立てて債権者に資産を配分することになりますが、乗用カートや電磁誘導の設備投資をしたなど、債権額の大きい債権者から配分していきます。当然、資産には限りがありますので、メンバーに会員権の払い戻しは困難で、もう紙クズ同然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る