ゴルフ場は悲鳴 コースを荒らすアマゴルファー増えた理由

公開日:  更新日:

 ゴルフ場で乱暴狼藉の限りを尽くすアマチュアゴルファーが多すぎる。「カネを払っているんだからいいだろう」と言わんばかりだ。

 例えばフェアウエーでターフをとって自慢顔。「プロみたい」と一人悦に入ってターフを元に戻さず、目土をするどころか、ほったらかし。グリーンにボールマークがついても知らんぷり。グリーンフォークを持っていないばかりか、使い方さえ知らない。スパイクレスシューズでもグリーン上で跳びはねれば、芝にも傷がつく。バンカーから脱出してもレーキで砂をならすこともなく、後続のプレーヤーには迷惑なことこの上ない。最低限のマナーを守ってプレーすることができず、ゴルフ場を荒らしにきているようなものだ。

 千葉県のゴルフ場支配人がこう言う。

「特にベント芝はボールマークを直さないと傷んでしまうのに、グリーンに乗っただけでうれしくなってそのままです。ディボット跡にしても目土をすれば必ず芝が生えてきますが、放置しておくと、そこだけ土の状態でボコボコになってしまう。元に戻るまで1カ月はかかります。特に春先の大事な時期は、目土をしないと芝がなくなってしまう。このまま放っておいたらどうなるのか、という意識がまったくないのです。乗用カートには砂袋が付いていますが、ほとんどのアマチュアは使った形跡がありません。うちでは週に1度、パートを雇って目土をしています。手間ひまはもちろん、コストもかかります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る