ゴルフ場は悲鳴 コースを荒らすアマゴルファー増えた理由

公開日:  更新日:

 ゴルフ場で乱暴狼藉の限りを尽くすアマチュアゴルファーが多すぎる。「カネを払っているんだからいいだろう」と言わんばかりだ。

 例えばフェアウエーでターフをとって自慢顔。「プロみたい」と一人悦に入ってターフを元に戻さず、目土をするどころか、ほったらかし。グリーンにボールマークがついても知らんぷり。グリーンフォークを持っていないばかりか、使い方さえ知らない。スパイクレスシューズでもグリーン上で跳びはねれば、芝にも傷がつく。バンカーから脱出してもレーキで砂をならすこともなく、後続のプレーヤーには迷惑なことこの上ない。最低限のマナーを守ってプレーすることができず、ゴルフ場を荒らしにきているようなものだ。

 千葉県のゴルフ場支配人がこう言う。

「特にベント芝はボールマークを直さないと傷んでしまうのに、グリーンに乗っただけでうれしくなってそのままです。ディボット跡にしても目土をすれば必ず芝が生えてきますが、放置しておくと、そこだけ土の状態でボコボコになってしまう。元に戻るまで1カ月はかかります。特に春先の大事な時期は、目土をしないと芝がなくなってしまう。このまま放っておいたらどうなるのか、という意識がまったくないのです。乗用カートには砂袋が付いていますが、ほとんどのアマチュアは使った形跡がありません。うちでは週に1度、パートを雇って目土をしています。手間ひまはもちろん、コストもかかります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る