「誠意みせるべき」 日本男子ゴルフの悪天候中止対応に苦言

公開日:  更新日:

【コラム/菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】

 三井住友VISA太平洋マスターズは最終日が濃霧のため中止になり、3日間で試合が成立。

 単独3位のバッバ・ワトソン(米)は「優勝できる位置にいましたからプレーしたかった」とコメントを残し、日本オープンのアダム・スコット(豪)と同様、ジュニアゴルファー育成基金として、昨年に続いて賞金の全額(1020万円)を寄付。表彰式の後はギャラリーのために暗くなるまでサインに応じていた。

 日本のゴルフツアーで最終日が中止になったとき、試合を月曜日に順延して行うのは日本ゴルフ協会(JGA)主催の日本オープンや日本女子オープンなど一部のメジャーだけ。ツアー競技は今でも予備日を設けていない。日曜日が雨などで競技ができないときは土曜日までの成績で試合を終わらせる。

 米ツアーは最終日にプレーできないときは、当然のようにすべての競技が月曜日に順延される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る