菅野が巨人での3年を吐露 伯父・原前監督との「本当の関係」

公開日:  更新日:

「恐らく、彼ほど日本の決勝進出を強く願っている選手はいないと思う。絶対にリベンジする、と燃えているはずです」

 評論家の橋本清氏がこう言った。野球日本代表の侍ジャパンの一員として、世界野球「プレミア12」を戦う巨人・菅野智之(26)のことである。

 菅野は1次ラウンドの米国戦に先発して、5安打2失点で4回降板。二回に先制ソロを浴び、三回に3連打で追加点を奪われた。試合は打線の爆発で逆転勝利。敗戦投手になるのを免れた菅野は試合後、報道陣から「粘りの投球だったが……」と水を向けられ、「粘ったという言葉で終わらせるのは簡単ですけど、最低でも5回までは投げたかった」と下を向いた。

 前出の橋本氏が言う。

「菅野の脳裏には、巨人の原前監督の怒声がよみがえったでしょうね。このプレミア12の開幕前、菅野がこう言っていたのです。巨人監督を退任することになった原さんへの思いを聞くと、『入団してから今年までの3年間、ただの一度もホメられたことがなかった。怒られた記憶しかありません。特にCSの阪神戦の試合後は心底、監督が怖いと思った。本当に、これはぶん殴られる、と覚悟しました。監督に認められる投手になりたい、ならなくちゃいけない、と思わされたし、思ってます』と言っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る