菅野が巨人での3年を吐露 伯父・原前監督との「本当の関係」

公開日:  更新日:

「恐らく、彼ほど日本の決勝進出を強く願っている選手はいないと思う。絶対にリベンジする、と燃えているはずです」

 評論家の橋本清氏がこう言った。野球日本代表の侍ジャパンの一員として、世界野球「プレミア12」を戦う巨人・菅野智之(26)のことである。

 菅野は1次ラウンドの米国戦に先発して、5安打2失点で4回降板。二回に先制ソロを浴び、三回に3連打で追加点を奪われた。試合は打線の爆発で逆転勝利。敗戦投手になるのを免れた菅野は試合後、報道陣から「粘りの投球だったが……」と水を向けられ、「粘ったという言葉で終わらせるのは簡単ですけど、最低でも5回までは投げたかった」と下を向いた。

 前出の橋本氏が言う。

「菅野の脳裏には、巨人の原前監督の怒声がよみがえったでしょうね。このプレミア12の開幕前、菅野がこう言っていたのです。巨人監督を退任することになった原さんへの思いを聞くと、『入団してから今年までの3年間、ただの一度もホメられたことがなかった。怒られた記憶しかありません。特にCSの阪神戦の試合後は心底、監督が怖いと思った。本当に、これはぶん殴られる、と覚悟しました。監督に認められる投手になりたい、ならなくちゃいけない、と思わされたし、思ってます』と言っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る