両親は野球の“ド素人” 竜ドラ3木下のプロ入りも「不思議」と

公開日:  更新日:

「酔った時は飲み仲間に自慢するんです。2人の高校球児を育てたって」

 笑顔でこう言うのは、中日のドラフト3位・木下拓哉(23)の父・和也さん(56)。

 兄姉をもつ末っ子の拓哉は、高知高校時代に2度の甲子園出場。そして、兄の裕矢さん(28)も同じ高知高の野球部出身で、第87回選手権大会に投手としてベンチ入りの経験があり、今は理学療法士の道に進んでいる。

 息子2人が揃って甲子園に出場すれば、そりゃあ自慢もしたくなる。ただ、和也さんは頭をかきながらこうも言う。

「2人とも甲子園に行って、まして拓哉はプロにまで指名していただきましたけど、私はスポーツはド素人。拓哉の母親(洋子さん=56)も昔、バレーボールを少しやっていたくらいで。私は身長172センチで体重は60キロもない。妻も160センチもない。体重はまあ、マル秘やと思いますけども(苦笑)。息子は肉が好きでよく食べていたから、大きくなったんですかねぇ。それくらいしか思いつかない。本当に私自身も不思議なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る