• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地味な“目玉”が予選落ち…大物プロが日本にソッポ向く理由

【ダンロップフェニックス】

 大会の“目玉”がまさか……、である。

 日本ツアー初参戦の招待選手J・ウォーカー(36)が、通算5オーバー66位タイで予選落ち。米ツアー5勝、世界ランク22位のウォーカーの出場が発表されたのは大会直前の16日(月)だった。一体、どんないきさつがあったのか。関係者が舞台裏を明かす。

「当初は米ツアー3勝のB・ホーシェル(28)が来日する予定でしたが、背中痛で欠場することになり、あわてて代役を探し、やっとウォーカーの了解を取り付けたというのが真相です」

 しかし、ウォーカーにしても、ホーシェルにしても日本ではなじみが薄く、地味だ。

「ホーシェルの出場が正式に決まったのも、出場選手を発表する10月ギリギリでした。最近は大会担当者が全英オープン会場(7月)で片っ端から声を掛けて出場打診しているのですが、なかなか色よい返事をもらえず、苦戦しています。A・スコット(35)とB・ワトソン(37)が2年連続で日本ツアーに出場したのも、契約企業が選手を自由に使える『サービスデー』があったから。アピアランスフィは2000万円といわれていますが、最近の円安もあってなかなかその金額では大物は呼べません。しかも、米ツアーの新シーズンが10月スタートになったことで日程調整が難しくなったのも、トッププロが出場を渋るようになった原因です」(前出の関係者)

 昔はJ・ニクラス、S・バレステロス、T・ワトソン、T・ウッズ、S・ガルシアと“超”が付くトッププロが出場して、大会は盛り上がった。しかし、今年は地味なプロであり、しかも予選落ち。主催者もムダなカネを使ったものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事