ヤクルト異例の複数年契約用意で山田「メジャー行き」急加速

公開日:  更新日:

 今季、トリプルスリーを達成した山田哲人(23)の年俸はいったい、どこまで上がるのか。

 年俸8000万円の山田は、リーグ優勝したこともあり大幅アップが予想されている。本塁打王(38本)、盗塁王(34個)、最高出塁率(.416)の“三冠”を達成。MVP、ベストナイン受賞も確実で、タイトル料を含めば倍増(1億6000万円)以上は間違いないだろう。

 一方、球団は「策」を練っているようだ。先日、FA権を取得した畠山と3年契約で合意。総額は4億5000万円プラス出来高程度とみられているうえ、長期の複数年契約を結んでいるバレンティン、ミレッジは来季も契約が残っており、この2人だけで5億円以上。昨オフにFAで獲得した成瀬、大引には合わせて3億円程度の資金が必要になる。さらに山田以外の選手の給料も上げざるを得ないため、ド派手に大盤振る舞いしづらい状況だ。そこで山田に対しては、異例の「複数年契約」も検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る