• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
GG佐藤
著者のコラム一覧
GG佐藤元プロ野球選手

1978年8月9日、千葉県市川市生まれ。桐蔭学園高、法大、米フィラデルフィア・フィリーズ1Aを経て、03年ドラフト7位で西武に入団。11年に戦力外通告後はイタリア、ロッテでプレー。13年に現役引退。現在は測量・調査・地盤改良工事を行う株式会社「トラバース」の営業マンとして活躍中。プロ通算成績は587試合で打率.276、88本塁打、270打点。身長184センチ、体重98キロ。右投げ右打ち。

契約交渉「一発サイン」 実は“一発”のケースは少ない?

【GG佐藤コラム「球界の裏側、全部話しちゃいます」】

 こんにちは。GG佐藤です。これからこの連載コラムで、みなさんがあまり知らない球界の裏側を「コッソリ」ご紹介していきたいと思います。第1回目は「契約更改」の裏側です。

 今年も主力選手の契約更改が続々と行われています。主力選手が「一発サインです!」と大幅アップを喜ぶ映像なんかもありますよね? でも、この「一発更改」。実は一回の交渉でサインしている人ばかりではないことをご存知でしょうか。

 プロ1、2年目の若手や二軍選手などは当然、交渉日の一発更改が基本です。しかし、年俸1億円以上をもらう主力選手は、「第1回交渉日」の前に、裏で球団と下交渉を行っているケースが意外と多い。実際、某パ・リーグ選手は、毎年球団との事前折衝でもめまくっているのに、契約交渉後には決まって「すんなり一発サインです!」と平気で言い放ちますから。もはや“役者”です(笑)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る