• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国内で争奪戦 巨人“外れの外れ”元ドラ1村田透なぜ大モテ?

 巨人在籍時、チーム内で「ザリガニ」と呼ばれてバカにされた。

「投球フォームがカクカクしていたのがその由来です。コーチからは『やっぱり、“外れ”はダメだ』とも言われていました」(チーム関係者)

 インディアンス傘下の3Aコロンバスに所属する右腕・村田透(30)のことである。

 海を渡って5年目の今季、3Aで15勝を挙げて最多勝を獲得。6月には念願のメジャー初昇格を果たし、先発マウンドを踏んだ(1試合1敗)。東洋大の大場翔太(現中日)、大阪桐蔭の中田翔(現日本ハム)らが注目された07年のドラフトで外れの外れながら巨人から1位指名。母校・大体大の先輩になぞらえ「上原2世」と注目されたものの、一軍で一度も投げることなく、わずか3年でクビを切られた。

 それが今や、阪神をはじめとする複数の球団が獲得に向けた調査を開始。日本球界復帰を決断すれば、争奪戦になるとみられているのだから、分からないものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る