内野に“空席2”も…ロッテ平沢「28年ぶり開幕一軍」への壁

公開日:  更新日:

 実現すれば、高卒新人内野手としては28年ぶりの快挙だ。

 ロッテが1日、都内本社で新人9選手の入団を発表。ドラフト1位の平沢大河内野手(17、仙台育英高)が「開幕一軍を目指したい」と抱負を語れば、伊東監督も「(キャンプは)いまのところ一軍に入れるつもり」と話した。

 平沢が「開幕一軍」キップを手にして、なおかつ開幕スタメンに名を連ねれば88年の立浪(元中日)以来となる。

 ロッテはこのオフ、正二塁手のクルーズと正三塁手の今江が退団。内野のポジションが一気に2つも空いた。可能性はゼロではないとはいえ、アマとは打球の質がまったく違ううえ、細かいフォーメーションも含めてプロの内野手として覚えなければならないことは山ほどある。まずは守備の課題を克服して、打撃もある程度のレベルアップが必要になる。

 これまで何人もの高卒内野手が挑戦しながら、27年間、ひとりもいなかったのはそれなりの理由があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る