日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愚直な人柄と向上心 引退の日ハム木佐貫は球界一の“常識人”

「クソがいくつついても足りないくらい、とにかくクソ真面目な男です」

 巨人のチーム関係者がこう言った。日本ハム木佐貫洋投手(35)を知る人間なら、誰もが同じことを言うはずだ。

 9月30日のロッテ戦で引退セレモニー。オーロラビジョンに映ってコメントを寄せた巨人時代の鹿取ヘッドコーチ、オリックス時代の岡田監督も「真面目過ぎる」と口を揃えていた。

 03年に亜大からドラフト自由獲得枠で巨人に入団。1年目に10勝を挙げて新人王に輝いても、実直で真摯な姿勢はなにも変わらなかった。亜大時代の4年間、一日も欠かさずにつけていた1460日分の日記は大学ノートに数十冊。定規で測ったように書かれたきれいな字で、プロ入り後も自らの思いをつづり続けた。

 試合後、ほとんどの選手が「ぶら下がり」と呼ばれる歩きながらの取材で報道陣に対応する中、木佐貫は記者から声をかけられると必ず立ち止まって質問者に体を向け直し、直立不動で答えるのが常だった。報道陣の間で「球界一の常識人」と言われるゆえんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事