金本阪神はヤクルトの「いいとこ取り」が貧打解消の秘策

公開日:  更新日:

「警戒するチーム? やっぱり優勝したヤクルトですね」

 去る25日、在阪テレビ番組に出演した金本知憲新監督(47)がこんなことを言っていた。

 今季3位に終わった阪神が優勝チームを警戒するのは当然としても、実際に金本監督はヤクルトの「いいとこ取り」を実行しているという。

 そのひとつが今季、トリプルスリーを達成した山田哲人らが試合前に毎日行っていた変則ティー打撃の導入。阪神OBが言う。

「新任の片岡打撃コーチが評論家時代に神宮で仕事した際に、真中監督や杉村打撃コーチに“取材”して、導入することになったらしい。秋季キャンプでは江越、陽川らも取り組んでいた。山田らヤクルトの選手はバットを8の字にぐるぐると回して打ったり、足を大きく開いたり逆に股を締めてスイングしたかと思えば、カゴやバランスボールに腰掛けて打つこともある。いろんな形で前日の試合で崩れたフォームを元に戻す作業をしている。それがリーグ最強打線の土台になっているのだから、導入しない手はない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る