• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤川、高橋に大盤振る舞い 拙速補強が金本阪神のクビしめる

 新監督をバックアップしたい気持ちは分かるが、活躍できるかできないか分からない中継ぎ投手に、それだけの大金をつぎ込む意図が理解できない。

 阪神が今オフ、藤川球児(35)を「2年4億円」、元中日の高橋聡(32)を「3年1億5000万円」で獲得したことだ。

 藤川は球団の功労者とはいえ、最多セーブを記録(41)した4年前同様のパフォーマンスが、果たして期待できるのかどうか。メジャー3年間で29試合1勝1敗2セーブ。一昨年にトミー・ジョン手術を受け、回復具合も気になる。

 高橋にしても最も活躍したのは5年前(63試合4勝1敗31H、防御率1.61)で、それ以降パッとした成績は残していない。今年は35試合3勝3敗6H、防御率3.51だった。ある意味、ギャンブルみたいな補強なのにこれだけの大金を払うのだから、よっぽどカネが余っているか、あるいはカネの使い道を知らないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事