ドジャースに170キロ守護神 レッズからチャップマン獲得

公開日:  更新日:

 岩隈に続いてメジャーを代表する守護神の獲得も明らかになった。

 レッズと守護神アロルディス・チャップマン(27)のトレードで話がまとまったという。ドジャースからはマイナーの若手投手2人がレッズに移籍する。「ESPN」(電子版)など複数の米メディアが7日に伝えた。

 キューバ出身のチャップマンは6年間で通算146セーブをマーク。左腕から繰り出す球威は抜群で、直球は常時160キロ以上を記録し、最速は170キロを誇る。救援投手ながら4年連続100三振を奪っており、9イニングあたりの奪三振率は15・4と驚異的だ。来季終了後、契約が切れるため、レッズが早々と放出に踏み切ったとみられる。

 ドジャースのリリーフ陣はクローザーのジャンセン(36セーブ)、セットアッパーのハウエル(防御率1.43)の2人は安定していたが、頭数が不足。チャップマン加入でリリーフ陣の強化に成功した。

 ドジャースの88年以来の世界一は岩隈とチャップマンの出来にもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る