マエケン狙うドジャーズ ヤンキースの“横やり”に戦々恐々

公開日: 更新日:

 海の向こうでは大物投手の移籍先が続々と決まっている。今月に入って左腕・プライス(30=ブルージェイズからFA)が7年総額約267億円でレッドソックスと合意すると、グリンキー(32=ドジャースからFA)が6年総額約254億円でダイヤモンドバックスと、サマージャ(30=ホワイトソックスからFA)が5年総額約111億円でジャイアンツと契約。日本時間7日には岩隈久志(34=マリナーズからFA)がドジャースと契約合意したと米メディアが報じた。目玉のプライスが移籍先を決めたことで、争奪戦に敗れた球団が次の大物は逃すまいと他の有力投手を買い漁っているのだ。

 入札制度(ポスティングシステム)による今オフのメジャー挑戦が決まった前田健太(27)の移籍先は、今回の雪崩を打ったような爆買い現象と無関係ではない。

「巨額の資金をつぎ込んでエース級、もしくは先発2番手クラスの大物を獲得したほとんどの球団は、すでに金庫が枯渇した可能性がある。唯一の例外がグリンキーの引き留めに失敗したドジャースでしょう」と、この日、米テネシー州ナッシュビルで開幕したウインターミーティングに参加している西海岸のさる代理人関係者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る