CWC初戦突破も…“渋チン”サンフレッチェにバラ色選手なし

公開日:  更新日:

 ここ4年で3度のJリーグ制覇。間違いなく偉業である。チャンピオンシップ(CS)でG大阪と戦い、今季王者となったサンフレッチェ広島のコトだ。

 その広島が、昨10日に開幕した「FIFAクラブW杯(CWC)」開幕戦でオセアニア代表のオークランドシティー(ニュージーランド)と対戦。格下相手に2-0で順当勝ちを収めた。

 もっとも、Jリーグを制しようが、どれだけCWCで活躍しようが、オフに契約更改を控えている選手の年俸がポンと上がるわけではない。そもそも広島というチームは、Jの中で渋チンで有名だからだ。

「広島の14年度の人件費は13億4900万円。人件費トップ3の柏20億5900万円、浦和20億5400万円、名古屋20億5300万円などには遠く及ばず、下から数えて7番目の低さなんです。それも12、13年シーズンに優勝して年俸がそれなりにアップしながら、ですからね。今季のリーグ優勝もCWCの勝ち上がりも査定アップにはつながらず、広島の選手はバラ色のオフを満喫する――なんてことはありません」(サッカー担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る