• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CWC初戦突破も…“渋チン”サンフレッチェにバラ色選手なし

 ここ4年で3度のJリーグ制覇。間違いなく偉業である。チャンピオンシップ(CS)でG大阪と戦い、今季王者となったサンフレッチェ広島のコトだ。

 その広島が、昨10日に開幕した「FIFAクラブW杯(CWC)」開幕戦でオセアニア代表のオークランドシティー(ニュージーランド)と対戦。格下相手に2-0で順当勝ちを収めた。

 もっとも、Jリーグを制しようが、どれだけCWCで活躍しようが、オフに契約更改を控えている選手の年俸がポンと上がるわけではない。そもそも広島というチームは、Jの中で渋チンで有名だからだ。

「広島の14年度の人件費は13億4900万円。人件費トップ3の柏20億5900万円、浦和20億5400万円、名古屋20億5300万円などには遠く及ばず、下から数えて7番目の低さなんです。それも12、13年シーズンに優勝して年俸がそれなりにアップしながら、ですからね。今季のリーグ優勝もCWCの勝ち上がりも査定アップにはつながらず、広島の選手はバラ色のオフを満喫する――なんてことはありません」(サッカー担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る