まるで後見人気取り G由伸監督を原氏“奔放発言”が悩ます

公開日:  更新日:

 親分の愛称で親しまれた大沢啓二氏が生前、こんなことを言っていた。

 44歳で日本ハムの監督に就任した76年、青年指揮官として乗り込んだ春の徳島・鳴門キャンプでのことだ。当時の日本ハムの球団社長は西鉄の黄金時代をつくったリーグ優勝6回、日本一4回のあの名将・三原脩氏だった。

「その三原さんがよ、ミスした選手を『なにをやってるか!』と怒鳴り上げ、手取り足取り教え始めるんだよ。オレは頭にきてな。相手は天下に聞こえた名将だが、関係ねえ。『監督はオレだ! オレが引き受けた以上はオレがチームをつくる。おい、おまえら、引き揚げろ!』と選手全員をベンチに帰らせた。三原さんはその2年前に日本ハムの球団社長になって、オレよりチームのことを知っていた。だからといって、現場のことに口を出されたら、やりにくくてしょうがねえからな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る