まるで後見人気取り G由伸監督を原氏“奔放発言”が悩ます

公開日: 更新日:

 親分の愛称で親しまれた大沢啓二氏が生前、こんなことを言っていた。

 44歳で日本ハムの監督に就任した76年、青年指揮官として乗り込んだ春の徳島・鳴門キャンプでのことだ。当時の日本ハムの球団社長は西鉄の黄金時代をつくったリーグ優勝6回、日本一4回のあの名将・三原脩氏だった。

「その三原さんがよ、ミスした選手を『なにをやってるか!』と怒鳴り上げ、手取り足取り教え始めるんだよ。オレは頭にきてな。相手は天下に聞こえた名将だが、関係ねえ。『監督はオレだ! オレが引き受けた以上はオレがチームをつくる。おい、おまえら、引き揚げろ!』と選手全員をベンチに帰らせた。三原さんはその2年前に日本ハムの球団社長になって、オレよりチームのことを知っていた。だからといって、現場のことに口を出されたら、やりにくくてしょうがねえからな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る