脇谷は3年ぶり 巨人で相続く“出戻り”は来季大改革の予兆

公開日:  更新日:

 西武からFAで巨人に復帰した脇谷亮太(34)が7日、都内の球団事務所で会見。高橋由伸監督(40)、堤GMも同席する中、「うれしいの一言。(入団)1年目からずっとお世話になっている監督に少しでも恩返しがしたい。目標? ズバリ、胴上げ。それに尽きます」と語った。

 脇谷は、巨人が13年オフにFAで片岡を獲得した際、人的補償で西武に移籍。プロテクトリストから漏れて“放出”された。それから2年でFA選手として復帰。過去に例のないケースだが、“出戻り”ということでいえば、このオフは同様の人事が相次いだ。

「08年オフに日本ハムへトレードに出され、13年限りで引退した二岡(智宏=39)が二軍の打撃コーチに就任。09年オフにオリックスへトレードで移籍し、このオフに日本ハムでユニホームを脱いだ木佐貫(洋=35)はスカウトとして戻ってくることが内定している。今回の脇谷にも数年後にはコーチのポストが用意されることになると思います」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る