脇谷は3年ぶり 巨人で相続く“出戻り”は来季大改革の予兆

公開日:  更新日:

 西武からFAで巨人に復帰した脇谷亮太(34)が7日、都内の球団事務所で会見。高橋由伸監督(40)、堤GMも同席する中、「うれしいの一言。(入団)1年目からずっとお世話になっている監督に少しでも恩返しがしたい。目標? ズバリ、胴上げ。それに尽きます」と語った。

 脇谷は、巨人が13年オフにFAで片岡を獲得した際、人的補償で西武に移籍。プロテクトリストから漏れて“放出”された。それから2年でFA選手として復帰。過去に例のないケースだが、“出戻り”ということでいえば、このオフは同様の人事が相次いだ。

「08年オフに日本ハムへトレードに出され、13年限りで引退した二岡(智宏=39)が二軍の打撃コーチに就任。09年オフにオリックスへトレードで移籍し、このオフに日本ハムでユニホームを脱いだ木佐貫(洋=35)はスカウトとして戻ってくることが内定している。今回の脇谷にも数年後にはコーチのポストが用意されることになると思います」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る