• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

扱いに“差”出るだけ 新聞社「プロ大会主催」のデメリット

 石川遼(24)の優勝で幕を閉じた今季の男子ツアー。その最終戦「JT日本シリーズ」を主催したのは報知新聞、読売新聞社、日本テレビ放送網の3社。

 当然、自社イベントとなれば、グループを挙げて大々的に盛り上げる。スポーツ報知は連日、1面でデカデカと報じ、読売新聞は事前に大会の特集を組んだ。

 また、テレビ中継した日本テレビのアナウンサーも「石川が初のメジャー大会で優勝です。石川が大会名に『日本』がつく試合で優勝したのは初めてです」と、大会PRに必死だった。

 対照的だったのが、読売新聞のライバルである朝日新聞だ。今年は石川が優勝したため、3日目と最終日の模様こそ写真入りで報じたが、初日と2日目は小さい扱いだった。

 宮本勝昌(43)が優勝した昨年大会は、試合に関する記事はわずか15行。初の賞金タイトルに輝いた小田孔明(37)の写真を使って「18番 意地のバーディー」と報じていた。主催する新聞社と、そうでない新聞社では同じ大会であっても、スペースが違ってくるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る