扱いに“差”出るだけ 新聞社「プロ大会主催」のデメリット

公開日: 更新日:

 石川遼(24)の優勝で幕を閉じた今季の男子ツアー。その最終戦「JT日本シリーズ」を主催したのは報知新聞、読売新聞社、日本テレビ放送網の3社。

 当然、自社イベントとなれば、グループを挙げて大々的に盛り上げる。スポーツ報知は連日、1面でデカデカと報じ、読売新聞は事前に大会の特集を組んだ。

 また、テレビ中継した日本テレビのアナウンサーも「石川が初のメジャー大会で優勝です。石川が大会名に『日本』がつく試合で優勝したのは初めてです」と、大会PRに必死だった。

 対照的だったのが、読売新聞のライバルである朝日新聞だ。今年は石川が優勝したため、3日目と最終日の模様こそ写真入りで報じたが、初日と2日目は小さい扱いだった。

 宮本勝昌(43)が優勝した昨年大会は、試合に関する記事はわずか15行。初の賞金タイトルに輝いた小田孔明(37)の写真を使って「18番 意地のバーディー」と報じていた。主催する新聞社と、そうでない新聞社では同じ大会であっても、スペースが違ってくるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  6. 6

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る