日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JGTO「28試合」発言から8日…来季男子2試合減の舞台裏

 来季の男子ゴルフの日程が発表された。海外ツアーとの共同開催となる「SMBCシンガポールオープン」(1月)、「レオパレスミャンマーオープン」(2月)、「パナソニックオープンゴルフ選手権」(4月)の3試合が新たに増えた。

 一方、今季、国内情勢で中止に追い込まれたインドネシアとマレーシアの大会はそのまま消滅。「タイオープン」、国内大会の「ミュゼプラチナム」の計4試合がなくなった。

 去る7日、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の海老沢勝二会長(81)は、年間表彰式が行われた会場で「来季は国内25試合、海外3試合の計28試合になる」と明かした。それがわずか8日後の正式発表で海外2試合、国内24試合の計26試合というのだから、デタラメな話である。ちなみに今季も当初は海外3試合、国内24試合の計27試合の予定だったが、25試合しか開催されなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事