マテオだドリスだと騒ぐが 阪神は来季も契約で監督泣かせ

公開日: 更新日:

 その時、金本監督も愚痴るか。

 マートンが退団した阪神は、マット・ヘイグ内野手(30=ブルージェイズ)と年俸8000万円(推定)の1年契約を結んだ。さらに違法賭博問題で残留交渉を打ち切った抑えの呉昇桓の代役に、マルコス・マテオ(31=パドレス)やラファエル・ドリス(27=タイガース)の両右腕の獲得を目指している。

 阪神はメッセンジャーとゴメスの他に、今年6月に加入した外野のペレスも残留した。メッセとゴメスは投打の主力。残る2つの外国人枠を4人の助っ人で争うことになる。

 だが、ある阪神OBは「表向きはそうでしょうが……」と言って、こう続ける。

「実績をみれば、メジャーで通算70試合に投げたマテオは抑えで決まり。ただし、制球に不安があるのでドリスも取りにいくのだろう。野手のヘイグは三塁も外野もできる。おそらく、2つの外国人枠はマテオとヘイグで埋まる。問題はこの2人の契約内容だ。阪神という球団は、補強に関しては先方の言いなり。例えば、不振でも二軍に落とせないという契約を結べば、代わりの外国人も二軍で旬の若手も上げることができない。かつて(07~08年)在籍したボーグルソンが同様の契約で、当時の岡田監督は泣かされたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る