呉昇桓失う阪神 バーネットのメジャー行きに大ショック!

公開日:  更新日:

 さあ、どうする? ヤクルトのトニー・バーネット(32)がダルビッシュの所属するレンジャーズと2年契約で合意に至ったと地元紙が報じた。今季セ・リーグのセーブ王(41S)はポスティングでの移籍はかなわなかったが、来季はついに念願のメジャーのマウンドに立つ。

 その一報に顔を曇らせたのは古巣のヤクルトだろう。そして、違法賭博容疑などで呉昇桓(33)の退団が濃厚となった阪神もバーネットを狙っていただけにショックは大きいはずだ。阪神OBが言う。

「阪神はシーズン中からバーネットを調査していたと聞いた。球団は呉との交渉を打ち切ることを決めた。バーネットはメジャーがダメならヤクルトに戻ると言ってたそうだが、阪神には呉に使うはずだった多額の資金がある。今季優勝のヤクルトは主力の年俸をバンバン上げなくてはならないから金庫の中は寂しくなる。阪神は札束積めばバーネットを口説けたはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る