呉昇桓失う阪神 バーネットのメジャー行きに大ショック!

公開日:  更新日:

 さあ、どうする? ヤクルトのトニー・バーネット(32)がダルビッシュの所属するレンジャーズと2年契約で合意に至ったと地元紙が報じた。今季セ・リーグのセーブ王(41S)はポスティングでの移籍はかなわなかったが、来季はついに念願のメジャーのマウンドに立つ。

 その一報に顔を曇らせたのは古巣のヤクルトだろう。そして、違法賭博容疑などで呉昇桓(33)の退団が濃厚となった阪神もバーネットを狙っていただけにショックは大きいはずだ。阪神OBが言う。

「阪神はシーズン中からバーネットを調査していたと聞いた。球団は呉との交渉を打ち切ることを決めた。バーネットはメジャーがダメならヤクルトに戻ると言ってたそうだが、阪神には呉に使うはずだった多額の資金がある。今季優勝のヤクルトは主力の年俸をバンバン上げなくてはならないから金庫の中は寂しくなる。阪神は札束積めばバーネットを口説けたはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る