• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神またもお手軽補強か マテオに続きドミニカ人投手狙う

「今回もお手軽補強じゃないですか」

 ライバル球団の関係者がこう言って笑った。

 阪神は、退団した呉昇桓の穴埋めに、マルコス・マテオ(31・顔写真=パドレス)とラファエル・ドリス(27=タイガース)の両右腕の獲得を目指している。

 2人はドミニカ共和国出身で、現在行われているウインターリーグでは同じユニホームを着ている。2011年にもメジャーのカブスで福留とチームメートだった。カブスに在籍していた藤川もドリスのことはよく知っているという。

 阪神のドラフトはこのところ、同じチームからのお手軽指名が続いている。今年の1、2位は明大の高山(外野手)と坂本(捕手)。昨年の1、2位は新日鉄住金鹿島の横山と石崎(ともに投手)だった。

 前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る