阪神またもお手軽補強か マテオに続きドミニカ人投手狙う

公開日:  更新日:

「今回もお手軽補強じゃないですか」

 ライバル球団の関係者がこう言って笑った。

 阪神は、退団した呉昇桓の穴埋めに、マルコス・マテオ(31・顔写真=パドレス)とラファエル・ドリス(27=タイガース)の両右腕の獲得を目指している。

 2人はドミニカ共和国出身で、現在行われているウインターリーグでは同じユニホームを着ている。2011年にもメジャーのカブスで福留とチームメートだった。カブスに在籍していた藤川もドリスのことはよく知っているという。

 阪神のドラフトはこのところ、同じチームからのお手軽指名が続いている。今年の1、2位は明大の高山(外野手)と坂本(捕手)。昨年の1、2位は新日鉄住金鹿島の横山と石崎(ともに投手)だった。

 前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る