巨人・岡本が台湾Wリーグで大活躍 “先輩”大田は崖っぷち

公開日:  更新日:

 巨人の岡本和真(19)が成長の1年を終えた。参加していた台湾のウインターリーグを終えて21日に帰国。現地では19試合で20打点を挙げて打点王に輝いた。26安打でチームトップの打率.388、3本塁打の活躍を見せ、「(秋季)キャンプでやったことを試せてよかった」と正三塁手を狙う2年目の来季へ向けて弾みをつけた。

 首脳陣の打撃の評価は高い。秋季キャンプで密着指導を行った内田打撃コーチは「(素質は)47年間のプロ野球人生で群を抜いている。来年は一軍のレギュラークラスの感触はあったと思う」と絶賛。三塁のレギュラー村田を脅かす勢いで、年明けには主将の坂本、長野、村田らとグアムで自主トレを行う成長株だ。

 対照的なのは背水の8年目を迎える大田泰示(25)である。ドラフト1位で鳴り物入りで入団。右の大砲で大型三塁手として期待されたところまでは岡本と一緒だ。が、大田の方は三塁はクビになって外野へ転向。それでもレギュラーに定着することなく、7年間も鳴かず飛ばずで今に至るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る