巨人・岡本が台湾Wリーグで大活躍 “先輩”大田は崖っぷち

公開日:  更新日:

 巨人の岡本和真(19)が成長の1年を終えた。参加していた台湾のウインターリーグを終えて21日に帰国。現地では19試合で20打点を挙げて打点王に輝いた。26安打でチームトップの打率.388、3本塁打の活躍を見せ、「(秋季)キャンプでやったことを試せてよかった」と正三塁手を狙う2年目の来季へ向けて弾みをつけた。

 首脳陣の打撃の評価は高い。秋季キャンプで密着指導を行った内田打撃コーチは「(素質は)47年間のプロ野球人生で群を抜いている。来年は一軍のレギュラークラスの感触はあったと思う」と絶賛。三塁のレギュラー村田を脅かす勢いで、年明けには主将の坂本、長野、村田らとグアムで自主トレを行う成長株だ。

 対照的なのは背水の8年目を迎える大田泰示(25)である。ドラフト1位で鳴り物入りで入団。右の大砲で大型三塁手として期待されたところまでは岡本と一緒だ。が、大田の方は三塁はクビになって外野へ転向。それでもレギュラーに定着することなく、7年間も鳴かず飛ばずで今に至るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る