巨人・岡本が台湾Wリーグで大活躍 “先輩”大田は崖っぷち

公開日: 更新日:

 巨人岡本和真(19)が成長の1年を終えた。参加していた台湾のウインターリーグを終えて21日に帰国。現地では19試合で20打点を挙げて打点王に輝いた。26安打でチームトップの打率.388、3本塁打の活躍を見せ、「(秋季)キャンプでやったことを試せてよかった」と正三塁手を狙う2年目の来季へ向けて弾みをつけた。

 首脳陣の打撃の評価は高い。秋季キャンプで密着指導を行った内田打撃コーチは「(素質は)47年間のプロ野球人生で群を抜いている。来年は一軍のレギュラークラスの感触はあったと思う」と絶賛。三塁のレギュラー村田を脅かす勢いで、年明けには主将の坂本、長野、村田らとグアムで自主トレを行う成長株だ。

 対照的なのは背水の8年目を迎える大田泰示(25)である。ドラフト1位で鳴り物入りで入団。右の大砲で大型三塁手として期待されたところまでは岡本と一緒だ。が、大田の方は三塁はクビになって外野へ転向。それでもレギュラーに定着することなく、7年間も鳴かず飛ばずで今に至るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る