自主トレ充実の日ハム有原が「先発2本柱」に急浮上

公開日: 更新日:

 優勝を狙うには勝ち星を計算できるエース級が最低2人は必要といわれる。

 4年ぶりのリーグ優勝を目指す日本ハム首脳陣が今季、大谷と並ぶ先発の柱として期待するのは昨季11勝の吉川でも10勝のメンドーサでもなく、2年目の有原航平(23)らしい。

 昨季は右肘不安のためデビューが5月中旬と出遅れながら、8勝(6敗)をマークしてパの新人王を獲得。160キロの大谷がいるから目立たないものの、150キロ中盤のストレートを投げる潜在能力の高さは、制球が不安定な吉川や技巧派のメンドーサをはるかにしのぐとみられている。

 その有原が7日、千葉県鎌ケ谷市内の球団施設で自主トレを公開。昨季は試合後半になると体の軸がブレたため、オフは主に体幹トレーニングに時間を割いたという。

「今年こそ2ケタ勝利を目指して頑張りたい」と本人はこう言った。

「(右肘不安で1月中はほとんど投げられなかった)去年と比べたら順調に調整できています。ケガをせずにしっかりと投げられれば、自然と結果はついてくると思う」

 有原が目標通り2ケタ勝ち、大谷と並ぶ存在になるようなら、今年の日本ハムは期待できるのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る